トップページ > 住宅用太陽光発電> 太陽光発電を知りたい(仕組み)

太陽光発電を知りたい

太陽の光を直接電気に変える仕組みについてご説明します。

仕組み

太陽の光から効率よく電気をつくり、つくられた電気を家庭で利用する太陽光発電システム。システムを設置すると、発電が少ないときは電力会社より電力を購入し、発電量が多くて使いきれない時は電力会社へ売ることができます。

実際に、どのようなことが行われているのか、ご紹介します。


システムの流れ

必要な機器とは?

システムの具体的な流れ
  • A.太陽電池モジュール
  • B.エコノナコード
    (接続ユニット)
  • C.パワーコンディショナ
    (通称パワコン)
  • D.送信ユニット
  • E.ソーラー発電モニタ
  • F.住宅用分電盤→G.家庭用電気機器
  • H.売電・買電電力量計

仕組み図

仕組み図
仕組みの拡大画像を見る

※1 買電・売電は住宅側から見た表示です。
※2 パワーコンディショナには故障した場合、他所への影響の波及を最小限に抑えるため、速やかに電力系統より切り離すよう遮断器へ制御信号を送出する役割もあります。(保護継電器)

なぜ発電するのでしょう?

発電する仕組み

太陽電池は半導体の一種です。太陽光エネルギーを直接電気エネルギーに変換し、半導体が光を受けると内部に電子エネルギーが与えられ、電流が起きる性質を利用したものです。
半導体にはそれぞれ電気的性質の異なるN型シリコンとP型シリコンがあり、この2つをつなぎ合わせた構造になっています。太陽電池の表面に光が当たると、その光エネルギーは太陽電池に吸収され、これにプラスとマイナスを持った粒子(正孔と電子)が生まれます。マイナスの電気はN型シリコン側へ、プラスの電気はP型シリコン側へ多く集まります。このため太陽電池の表面と裏面につけた電極に電球やモータを接続すると電流が流れます。これが太陽電池の原理です。


このページの先頭へ戻る
太陽光 東京価格 太陽光 長野価格